ねこのて映画舎は自主映画製作のお手伝いをしてます。映画制作、配給宣伝、
役者募集、上映、ロケ地手配などなど、 困ったときの「ねこのて」お貸しします。

5d mark ii 5d mark iii After Effects Android CG DCP Final Cut Pro iPhone Magic Lantern raw動画 Twitter WEBカメラ ア)あると便利なもの ア)悪役 アンティーク イ)衣装 イ)印刷 インバーター エ)映画まとめ エ)映画館 エ)映画業界ハローワーク エ)映画祭 エ)映画紹介 エ)絵コンテ エキストラ オ)屋外での電源確保 オ)音源 オ)音声 オーサリング オーディション おすすめ お問い合わせ カ)家具 カ)海外 カ)海外撮影 カ)外国 カ)外国人 カ)学校 カジノ キ)機材 キ)機材レビュー キ)機材レンタル キ)機材車 キ)記念品 キ)脚本 キ)求人 キ)着ぐるみ キッズ キャスティング キャンピングカー ク)空撮 グ)軍用 クラウドファンディング グリーンバック クロマキー ケ)掲示板 ケ)芸能プロダクション ケ)劇中車 ケ)検索 コ)公演情報 コ)広告 コ)荒野 コ)香盤表 コ)高級車 コ)合成 コ)告知 コ)子供服 コ)子役 コ)小道具 コスチューム コミュニティシネマ コラム コンテ コンペ情報 サ)索引 サ)撮影 サ)撮影スタジオ サ)撮影部 シ)資金管理 シ)資金集め シ)字幕 シ)自主映画 シ)車載撮影 シ)車輌 シ)出演者募集 シ)照明 シ)上映 シ)白バイ シアター ジェネレーター シナリオ シニア ス)水中撮影 スクリーンプロセス スケジュール スタジオ スタッフ募集 スタビライザー スタント ストリーミング スモークマシン セ)制作部 セ)宣伝 セ)戦車 タクシー チ)中古機材 チ)著作権 チ)著作権フリー チラシ ツイッター テ)DVD デ)電車内 ディープサイクルバッテリー デジタル 一眼レフカメラ デジタルシネマパッケージ ト)動画配信 ト)動物 ト)道路使用許可 ト)特機 ト)特殊スタジオ ト)特殊メイク ト)特殊効果 ドローン ニュース ネコノテ ノベルティグッズ ハ)8mmフィルム ハ)バキュームマウント ハ)配給 ハ)爆破 ハ)発電機 パッケージ パトカー ヒ)飛行機内 ビデオカメラ フ)フィルム フ)物販 フィルムコミッション フライヤー プラグイン フリーソフト フレキシブルアーム プロジェクションマッピング プロジェクター ヘ)編集 ペットプロダクション ペットレンタル ホ)保険 ホ)翻訳 マイク マウントアダプター まとめ マルチコプター ミニクランプ ミニシアター ミリタリー ム)無人島 メイキング メイク モデルガン モニター ヤ)屋台 ヤ)役者登録 ヤ)役者募集 ユ)YOUTUBE ユ)遊戯台 ライティング ラジコンヘリ リ)リンク リアプロジェクション レコーダー レビュー レンタカー レンタルシアター レンタルスタジオ レンタルバイク レンタル全般 ロ)録画 ロイヤリティフリー ロケ ロケーションコーディネート ロケハン ロケハン代行 ロケ地交渉 ロケ弁 ワークショップ ワイヤーアクション 管理 機材 広告 合成 車内撮影

『照明効果:ライティングの基礎技術について』

撮影、音声、照明。映画作りにおいてはどれも蔑ろに出来ない要素ではありますが、意外と注力されないのが照明だったりします。照明というのは、作り込んでいるものほど自然に映り、一見して照明技術を駆使していないように見えるから、というのも一つの一因かもしれません。

逆に全く照明に力を入れていない映像は、質感が均一で奥行きを感じさせなかったり、被写体が暗かったりとホームビデオの延長の用になってしまいます。一般の自主映画で画作りがチープだなと思える作品の多くは、照明を蔑ろにした作品が多いように思います。

映像収録機器の進化によって見たままの映像を高解像度で収録されるようにはなりましたが、それでも一つ上のクオリティを目指す上で、照明効果に力を入れたいものです。

今回は3灯照明の基礎知識からディフューザーを使用した光量調整、カラーフィルターを使用した色温度変化など、照明に関する基礎知識をまとめてみました。もちろん、ハンディライトを使用しても基礎的な技術基盤は同じなので、これから照明を始める人や、始めたばかりのかたには参考になるかと思います。


・3灯照明の基本
・ディフューザーを使って強弱を調整する
・色温度について
・カラーフィルターを使って色温度を変化させる
・ブラックラップを使った調光・遮光



Photography, sound, lighting. Although it is an element can not be in any neglected in filmmaking, but Dattari lighting has not been surprisingly focused. Because lighting, reflected in nature as those that are crowded to make, because does not seem to making full use of lighting technology at a glance, because there may be one cause.
The video that is not at all focused on lighting the contrary, you can not feel the texture a uniform depth, will become the use of an extension of the home video, even for a dark subject. Many of the works that seems image creation is Na's cheap in general of independent film, I think that the work which was to neglect the lighting often.
Although now is the image of the remains seen by the evolution of video recording equipment to be recorded in high-resolution, still in terms of the aim of quality on one, it is what you want to put a force on the lighting effect.
This time, the amount of light adjustment using a diffuser from basic knowledge of 3-lamp lighting, such as color temperature change using a color filter, I tried to summarize the basic knowledge about the lighting. Of course, because the basic technology infrastructure and also use the handy light is the same, and people to start lighting the future, in just the person began to think whether serve as a reference.